洗顔とは

洗顔 イメージ

 

何気なく洗顔をしていますが、はたして洗顔とはどういった物なのでしょうか?

 

洗顔は、スキンケアの基本中の基本と言える行為です。
洗顔の目的とは、お肌に残っている汚れを落とすことと言えるでしょう。

 

しかし、ただ汚れを落とすだけではお肌自体を痛めてしまう事になってしまいます。
多く汚れを落とそうとするあまりに、必要以上に強い洗顔料を使ってしまったり、手で直接ゴシゴシと擦ってしまってはお肌を痛めてします原因になってしまいます。

 

お肌に必要な皮脂まで落としてしまっては、お肌が乾燥を招いてしまいます。

 

お肌のトラブルが絶えない方の中には、正しい洗顔が出来ていない事も少なくありません。
正しい洗顔をするだけでお肌が改善される場合もあります。

 

脂性の方は特にすっきりと洗いたくなってしまうことがありますので注意が必要かもしれません。

 

スキンケアは洗顔から始まると言っていいぐらい洗顔はポイントになります。

洗顔の仕方3つのポイント

3つポイント

 

洗顔には主に大事なポイントが3つあります。

 

それは、泡、力加減、湯温です。

 

泡のクッションで洗うことでお肌への摩擦を防ぐことが出来ます。
しっかりと泡立てることが大切です。
目安としましては、手を逆さまにしても泡が落ちないくらいの濃密さがいいでしょう。

 

吸着力の高い泡が、古い角質や、毛穴の汚れを吸い取っていきます。

 

力加減

泡をクッションにしながらとにかくお肌にやさしく触れることがポイントです。
理想としましては、お肌が動かない程度の弱い力がいいでしょう。

 

特に頬は面積が広いため、うっかり勢いよく触れてしまわない様に注意が必要ですよ^^

 

湯温

冷水だけですすぐのはNGです。
また、入浴中の洗顔だと湯温が高くなりすぎてしまう場合がありますので注意が必要です。
30〜34度のぬるま湯でやさしくすすいであげるのがベストです。

 

この3つを意識して洗顔するだけでも、お肌の調子が良くなってきますので、是非試してみてくださいね。^^